音楽サークルで使えるベース演奏のアドバイス~ミュージックレポート

東京の音楽サークルを紹介するミュージックレポート

社会人音楽サークルでベースを楽しもう

ベースの楽しみ方の極意として社会人音楽サークルでは、縁の下の力持ちとなることに努めることが何よりも大事です。 ベースというと単音で十分にボリュームのある音が出るので、演奏を行う方はコードなどの覚えることも必要なく、 ただ耳でどこのお父かを把握できるように、練習することが重要になってきます。 さらに他の楽器の演奏している雰囲気や様子を理解した上でその演奏をさらに盛り上げるための味付けとして、ベースは欠かせない存在になってきます。 ギターの講習でもお伝えしたように、耳コピでの演奏がお勧めです。 一回一回の演奏するたびに、コードを探していれば、大変時間がかかってしまいます。 またリズムをしっかりと刻むこともベースが重要になってきます。 いちばん簡単なのは、ベースのリズムをドラムに合わせることです。 ドラムのバスドラを聴きながら、その音に合わせていきます。 言って見ればドラムの音に音色を付け加えるような感覚で演奏するととても楽しいです。 上手なベーシストの傾向としては、一つのパターンに限られたベースラインを弾くのではなく、 自分の中で何パターンかのベースラインを作り、それを曲の展開のように出してみると、全体が進行のある曲に聞こえてきます。 この作業はなかなか初めての方には難しいかもしれませんが、失敗することを恐れずに、 社会人音楽サークルやセッションバーなどで、どんどんチャレンジして自分のものにしていくことが大切です。 控えめなベーシストの方が多くいらっしゃいますが、思いっきり主張してもいい楽器でもあります。 逆に言えばベースが控えめすぎると、曲全体にボリュームがなくなり退屈な演奏になってしまいます。 ベースでどんどん攻め込んで他の楽器を触発してみましょう。 私自身もギターを演奏する身ですが、ベースの演奏もかなり練習しているので音楽サークルやセッションバーで、 ベースのパートがいないときはチャレンジさせていただいています。 これからいくつかのベースのアドバイスをかかせていただきますのでよろしければご参考にされてみてください。

ベースの楽しみ方のポイント

ベースの楽しみ方として、まずは好きなベーシストを探してみては如何でしょうか。楽器を始める時にやはり何と言っても人気があるのがギターやボーカルです。ボーカルはさておき、ギターという楽器は持ち運びも便利なうえに、自宅でも練習がしやすい楽器です。そういった理由から社会人音楽サークルやセッションバーなどでは、ギターを演奏したがる方が多く見受けられます。私自身もギターをやっている身としてその点は十分に良くわかります。ですので、音楽仲間などの交流がある時になぜベースを始めたのか聞いてみると、他の方が既にギターやドラムが取られていて残っていたのがベースだったというベーシストの方も少なくありません。そんな事もあり、少し余もの的なポジションであるベースを出来るだけ楽しみながら上達するポイントをお伝えしようと思います。まずは何と言っても目標が大切です。ギタリストなら有名な方は多くいますが、ベーシストとなると他の楽器に比べてスター性のある著名なベーシストを思い浮かべられない方も多いのではないでしょうか。そこでまずは自分が好きなベーシストの発見に努力してみましょう。そうする事でベースのプレイスタイルが確立されて、どんなジャンルやテンポの曲が好きなのか判って来るはずです。そういった事を学びながら自身の音楽性に磨きをかけて行きましょう。音楽サークルやセッションバーに行って、ベーシストの方にお勧めのミュージシャンを教えて貰うのも良いかもしれません。まずは何事も楽しまなくては上達は難しいかと思います。まずはベースを楽しむことを目標にしましょう。

ベースはバンドのムードメイカー

ベースの演奏が上達してくると気が付く事なのですが、ベースは全体の演奏の雰囲気を変える事が出来るムードメイカー的な役割も担っています。ある一定のバッキングの演奏に対してオーソドックスなルートを弾きながらベースで演奏を行うのがベース演奏の基本です。そこからベースがアレンジ出来る仕事と言うのは少し雰囲気を違った方向に持っていく演奏手法です。これを言葉で説明するのは少し難しいですが一つ例を挙げてみます。例えばスタートの音が低い音でそこから徐々に高い音へと進んでいくベースラインがあったとします。そのベースラインを何度か演奏して、小節が切り替わって自分が変化を加えたいポイントを見つけてそこから今まで弾いていたベースラインの逆方向に音を出していくと一気にベースラインだけで雰囲気に変化を加える事が出来ます。このような少しの工夫でも演奏に広がりが出来て、セッションバーや音楽サークルでの演奏にベーシストが花を添える事が出来ます。自宅での練習でも出来ますが、人と合わせる事でより楽しみながら実践的なベースの演奏が出来るので、バンド形式での演奏が有効だと言えるでしょう。このようにベースは一見退屈でつまらない楽器に思われがちですが、やり方次第でとても楽しくやりがいのある楽器になっていく事を覚えておきましょう。

ベーシストの心得

ベーシストに必要なことは、テクニックや指の速さなど技術的な面だけではありません。 ベースに限らず楽器を上達したいと考えている方は概ね、素早さ重視のようなテクニックを求めがちですが、 本来音楽というものは心地良い音色を探すことに努めるべきです。 自分の好きな曲などを考えてみると、超絶なテクニックよりも音選びが自分の好みに合ってるかどうかが問題だということに誰しもが気づくはずです。 しかし楽器を演奏していくとやはりテクニックを重視した演奏に目がいってしまうものです。 それは言って見ればスポーツに近いものであります。言うまでもなく音楽はスポーツではなく芸術です。 いかに早く、いかに複雑な動きをできるかなどということは、音楽にとっては素晴らしさに直結するとは限りません。 私の好きな身内さんにジョン・コルトレーンと言うサックスプレーヤーがいます。 その方が言うには、ミュージシャンは速さよりも音の選び方が重要だと言われていました。 テクニックに走る演奏者はどうしてもパフォーマンスに流れがちですが、音選びに走るミュージシャンは芸術性の高い方々が多い傾向にあります。 本来音楽というものは、人の気持ちを和ませるものであり、サーカスのような曲芸を求めていることではありません。 演奏家として目指すところは音選びにあると常々感じています。 ベースの音探しでも自分のテクニックを披露するだけでなく、 全体の演奏を引き立てるための演出家としての役割を果たすべきと考える方が素晴らしい演奏ができるかと思います。

ベースの種類

ベースには弦の本数によっていろいろなですがあります。 いちばんオーソドックスなのは4弦のベースです。このベースがいちばんシンプルで、楽器店などで手に入りやすいものかと思います。 さらに4本という少ない弦なので、シンプルに音を把握することができて、覚えるのもラクかと思います。 中には5弦、6弦などの弦数が多いベースなどもありますが、初めてベースをやられる方は、4弦のベースをお勧めいたします。 すでにギターなどでリードなどを演奏される方は、6弦ベースもお勧めです。 もともと6弦ベースとは、ギターリストがベースをギターのように演奏するために作られた楽器だとも言われています。 そのため高い音色から低い音色まで、幅広い音色が出るのが6弦ベースの特徴です。 深みのある丸い音が出るので、メロディーのような音も演奏できるのが6弦ベースの魅力です。 しかしなんといってもネックが太いので、演奏するには練習が必要です。 逆にベースは4弦の場合、ネックが細いので見た目にもシャープで持っているとかっこいい楽器でもあります。 とりあえず入門としては4弦ベースがお勧めです。

ベースの音の探し方

ギターと同じように、ベースも自分が出したい音を探さなくてはいけません。 しかしギターはメロディー部分を意識していくのに反して、ベースの場合はベース音を探していきます。 この作業が意外と難しいことにベースを始めると気がつくでしょう。好きな曲などを鼻歌で歌うときにベースラインを探してみるということはとても難しいです。 これもやっていればだんだん慣れてくるものなどですが、ひとりでの練習ではなかなか上達が難しいこともあります。 いちばん有効的な練習方法としては、他の演奏にあわせてベースを弾いてみることです。 はじめはベースが入っている音楽に合わせてそのベースの音を真似しながら聞いてみたりすると上達が早いかもしれません。 次の段階ではベースが入っていない曲をバックにして演奏してみます。 そうすることで自分のアイディアを演奏にぶつけることができるので、実践的なベースの演奏につながります。 このようにベースは音を探すのが直感的に慣れるのが難しい楽器ですので、 徐々ににベースラインを探せるように、自分自身慣れていくことがまずは先決です。

ベースの弾き方の種類

ベースを弾く際に主に2つの演奏方法に分かれます。一つは人差し指と中指で弾く指引き。もう一つはピックで弾くやり方です。この二つのより方がベースを弾く際に分かれてくるのですが、主に人気がある弾き方は指弾きです。指弾きはまろやかな音が出しやすい半面、ピックで弾くとエッジの聞いたシャキシャキな音が出せるのが特徴です。私のイメージ的には、指弾きの方が表現力に富んだ音の表現が出来るかと思います。スラップ奏法も指弾きなら簡単に移行出来ますし。まろやかな音色も張りのある音も自在に出来ます。その反面、指を痛めやすいというデメリットがあるのも指弾きの特徴です。まずはベースに慣れる為に、指質をしっかりとさせてタフなベースワークに耐えられる形にしなくてはいけません。これからも正しいやり方かは不明ですが、指の先(ベースの弦が当たる所)をヤスリなどでシゴく事で徐々に指の先がしっかりしてきます。やはりベースでカッコイイのは指弾きなので、特別に指が弱すぎるなどの特殊な事情が無い場合以外は指弾きをオススメ致します。

ベースの弦の価格について

ベースの弦は普通のギターの弦に比べるとやや高額な部類に入ります。ギターの場合弦の交換の時期は弦が切れてしまう場合に多いですが、ベースはよほど保管の仕方が悪くない限り、切れることはとても稀です。ベースの弦の交換の時期としては、弦の巻きがゆるくなってきて、中身の芯がはみ出してくるときです。そうなってくると、音にも影響が出てきますし、演奏に悪影響を及ぼしかねません。そういった不安要素を無くすためにも弦の交換はまめに行うのがポイントです。値段もギターの弦に比べるとベースは高額になってきます。また、ベースは一本一本の弦がしっかりとしているので、物によってはネックの反りの原因になる場合もあるので、気になる方は演奏以外のときは弦の張りを緩めて、ベースを休ませてあげましょう。頑丈なようで案外デリケートな楽器ですので、大切にしてあげてください。
PR:格安ウェディングドレス